損失のコントロールで地面を作る

相場は上がるか下がるか、どちらかの方向に賭けることで勝ち負けが分かれます。(鞘取り・ペアトレードもありますが、これもスプレッドが拡がるか狭まるかを賭けているだけです。)

当たるも八卦当たらぬも八卦に近いものがあり、マーケットの参加者自身がマーケットを動かしている以上、誰も予測できないものです。

ポジションの額はエントリー前にコントロールできますが、エントリー後にできることと言えば、そのポジションのリリースタイミングのみです。管理はどのようにするべきかというところですが、ポジションを保有した後は様々な感情が入り交じるため、おすすめできません。なので、エントリー前に損切りと利確の水準を決定するということが上手な管理方法の一つです。

ここで大事なことは、損切りと利確の水準両方を事前に決定すれば、モデルそのものが変化してしまうことです。ストラテジーの本質であるエントリーからエグジットをスムーズに再現するにはその過程を邪魔する損切りと利確は取り入れない方が望ましいとも言えます。しかし相場は誰も予測できない以上、資産を守るというのはとても大事なことです。

なぜマーケットで取引するのですか?という問いの回答は、「マーケットで儲けたい」ということだけだと思います。

ということは、利確ポイントを置くという行動は自然の成り行きです。しかし利確を決定するということは、損失の方がコントロール不可となり、この行動は初心者が陥りやすい罠だと言えるでしょう。

必要なのは大事な資金を効率的に使うことですから、コントロールすべき部分は当然、損切りポイント側となります。地面を決定すれば、そこからジャンプできるというわけです。連続負けがあるとまた別ですが、一回の損失についてはコントロールが可能であり、そうであるならば一回の損失はコントロールすべしということなのです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。