損切りは必要である

仕入れなくして物を売ることはできません。トレーダーにとって損切りは仕入れと同じと考えましょう。

仕入れコストは安く抑えておきたいものですが、そのちょうどいい値幅というのが存在するはずです。うまい損切りを置くことで利益率の上昇が見込めるのです。トレーダーの損益は確定損益で決まるわけではありません。含み損益で決まります。なので、損切りそのものに臆病にならず、含み損が増えることに臆病になりましょう。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。