実証分析からみる逆張り戦略

1985年にDeBontとThalerが米国株式市場において、3~5年の逆張り戦略が有効であると発表しました。一方、1993年にはJegadeeshとTitmanが6~12ヶ月の順張り戦略が有効であると発表しています。

日本の株式市場は米国と違い、逆張り戦略が強くて、特に1ヶ月の逆張り戦略が有効であるということが1997年に明らかにされました。現在でも当てはまるのかどうか検証するべきではありますが、少なくとも今後の投資戦略を構築する上での参考になると思います。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。