実益を兼ねた趣味

先日、メインの分析用パソコンが壊れました。システムトレーダーにとって、パソコンのトラブルというのは避けたくても避けられないもので、最悪の場合を想定しつつ、小まめなバックアップを怠ってはいけません。私の場合はプライスデータの小まめな保存を行っていましたが、プライスデータだけが大事なわけではありません。分析したファイルや記録ファイル、計算用ファイル等も同様に大事なもので、改めて全てのバックアップが必要だったのだと思い知らされました。

当初、プライマリHDDから付属のセカンダリHDDに大容量データを移動していたのが事の発端でした。たまに、暑い時やCPUがフル稼働のときは電源が勝手に切れていたので、またいつものことだろうと意に介さなかったのですが(本当はこういうこと自体が起きないので、この時点で問題なわけです。)、今回は全く立ち上がりません。しまいには、モニターが全く反応しない、BIOSが立ち上がらないということで、どの部分がダメなのかもわかりませんでした。試行錯誤で3日間丸々を費やしましたが、全くどこが悪いのかわかりません。

「BIOSが起動しない」という検索をどれだけやったかも覚えていません。最後は、電源かCPUかマザーボードの故障か、単にBIOSが壊れているというところまで追い詰めましたがそこから先が特定できないわけです。パソコン知識が足りないということもさることながら、チェックのための予備のパーツもない状態で途方にくれました。私はシンプル生活が好きなもので、ごちゃごちゃしたパソコンパーツは捨てるか売るかしていた、というのも反省するべきところでした。

ということで藁にもすがる思いで、近所にあるパソコン修理ショップに駆け込みました。田舎のパソコン修理ショップなので、どうせわからないだろうと期待せずに訪問したのですが、ここにとんでもなく腕のよい職人がいらっしゃったわけです。(私のような素人目から見て・・・です。が、実際は私よりパソコンに詳しくない人がいることも多いのがこの業界ですので・・。)

私の壊れたパソコンはかなりの高性能パソコンで、普通のところには置いていないようなものなのですが、まずHDDバックアップのためにそのパソコンに合うようなパーツをその辺のがらくた山から取ってきて、目の前で組み立て始めたのには驚きました。その後、怪しそうなものをすべてチェックしてもらって、結局マザーボードの交換をしてもらいました。お昼に訪問して夕方には完了という感じです。修理代もマザーボードの代金だけじゃないかというくらい安いもので、まさに職人を見たという感じでした。トレーディングもこの境地に達するべきですね。

と、まあ話は戻って、HDDは全く無事だったわけですがHDDのクラッシュというのはPC故障の中でも多いほうです。最もよいバックアップ方法はHDDのクローンを作ることです。私はセカンダリHDDをただのデータ保存として使っていましたが、これは間違った方法で、今回からはクローンHDDを作成するべきだと思いました。それと、パソコンパーツが手元にないということと、PC知識が実はほとんどないということも思い知らされたので、実益を兼ねた趣味を始めるということで自作PCに挑戦しようかと思っています。幸い、強力なショップが近くにありますので安心です。本でも買って少しずつ勉強していくことにします。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。