執行コストの実証研究用資料

文献が古いので最近の状況とはちょっと違うのかもしれませんが参考にどうぞ。

執行コスト=手数料+遅延コスト+決定コスト+機会費用

2004年、日本を除くアジアの機関投資家の執行コストは1.53%でした。そのうち、0.22%は手数料、マーケットインパクトによるコストは0.18%、遅延コストは0.84%、機会費用は0.29%でした。ブローカーによる取引手数料は減少傾向にありますが、その他のコストも減少傾向にあります。市場は成熟するにつれて効率的になってきていると言えそうです。

  2000年第4四半期 2003年第4四半期
ニューヨーク証券取引所 0.88% 0.55%
ナスダック 1.38% 0.83%
ヨーロッパ 1.11% 0.63%
新興市場 2.20% 1.25%
全体 1.66% 0.74%
Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。