商品先物の年間出来高推移(TOCOM代表銘柄の直近7年間)

直近7年の商品先物の年間出来高を表示しています。金(標準)のみ出来高水準が違いますので右軸の数値を基準としています。直近7年では明らかに出来高減少トレンドですが、やや下げ止まった感が見られます。ガソリンはピークが2003年で、その後は激しいダウントレンドが続きましたが、それも一服している様子です。過去2年で金の出来高が持ち直しつつあり、今年はどうなるか注目するべきポイントです。

昨年は米国デフォルト懸念や欧州債務危機でリーマンショック後の商品高に歯止めがかかった様子でしたが、緊張が和らぐと更に世界的に商品高が始まるかもしれませんので警戒が必要です。商品先物は長期的な投資としては限月交代からのロールオーバーがあることによりやや不向きだと言えますが、商品ETFや資源株に投資することで商品へのエクスポージャを取ることが可能です。

 

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。