合成データの作り方

Excelの乱数と並び替え機能で合成データを簡単に作ることが可能です。どこかの雑誌のアイデアがベースなのですが、 忘れてしまいましたことをお許し下さい。

1、まずは生データをExcelに落とし込みます。

 

2、続いて、四本値から前日終値を引いたものをプロットします。関数で簡単に表示可能です。

 

3、関数で計算された値を今度は「値で貼付け」します。そのデータの列先に乱数を発生させる関数を紐付けします。

 

4、次に乱数列を選択して並び替えをします。

 

5、並べ替えられた数値を元に、今度はデータ元の終値を基準としてデータを合成していきます。

 

6、あとはデータをチャートで表示すれば完成です。上記方法を繰り返すことで簡単に全く別のデータを作ることも可能です。

 
Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。