取引所のコロケーションサービス

取引所のコロケーションサービスというものがあります。サーバーを取引所データセンター内に置き、発注の高速化を狙うというもの。発注の優位性を保つためには是非、導入したいサービスではあります。しかしながら、当然サービスを受けるためには費用がかかります。
日本の取引所はまだサービスそのものが新しく、概要はまだよくわからない状態ですが、東証だけは具体的に決まっているようです。コストは1ラック当たり月額80万円~120万円となるようです。

導入は取引量とサーバーで走らせるプログラムの質によりますが、月に1千万円儲かっているからいっちょやってみるか、では全然元が取れませんよ。手数料だけで月額1千万円払っているようだと元が取れると思います。詳しく計算をしていませんのでよくわからないですけど・・。

日本取引所グループ

TOCOM

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。