儲けるためにトレードをする

Trade to make money, not to be right.

本物のトレーダーは賢く見られたいとは決して思わない。売買をするのに理論的な説明は一切なくてもいいのです。トレードは何のためにするのか。もちろん、勝つためです。勝ってお金を得るためにトレードをするわけです。正しいトレードを行う必要はないわけで、儲けられるのであれば説明に矛盾があってもOKなのです。

かなり儲けていた債券フロアトレーダーのお話です。少し勉強をすれば金利と債券価格が逆に動くというのは誰でも知っていることなのですが、実はこのトレーダー、そういうことがわからなかったそうです。そこで一つ質問をしました。

質問者「金利が下がれば、債券は上がるんだ。よくそんなこともわからずにトレードができるな。」
トレーダー「みんなが債券を買うから上がるんだ。金利なんか見てねぇよ。」

才能があれば経済・金融・トレード知識はいらないわけで、むしろ邪魔になるでしょう。とはいっても、能力のある人は稀ですので日々勉強をして相場に挑むというのが凡人にとっての王道です。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。