伝統的なテクニカル指標で儲けられるマーケットの条件

伝統的なテクニカル指標で儲けられそうなマーケットの条件を列挙してみました。

1、一個人により大きく操作できない程度の取引量を持ち、市場心理や経済・マクロ動向に素直に反応しやすいマーケット。

2、売買環境は整備されているものの最先端テクノロジーを駆使する投資家のみが生き残っているというわけではなく、ファンダメンタルズ分析が主流の投資家も数多く参加しているマーケット。

3、サイズが大きく小回りが利かない投資信託やディーラー等大口投資家が頻繁に参加しているマーケット。

4、個人投資家の富裕層レベルが証券営業マンの助言を得たり、新聞で株価を見たりして電話発注しているような古き良き時代の名残が見え隠れするマーケット。

これらの条件が当てはまる市場では、移動平均線やオシレーター等の伝統的なテクニカル指標で儲けられるような気がします

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。