仮想通貨はトレード技術不要?

ビットコインが150万円に到達し、もうなんと言うかこれまでのトレード経験なんて何の役にも立たないような気がしてきました。

買っとくだけ。

それだけでいい感じです。基本、身の破滅だけは避けたいので、暴落しても許容できるレベルの額に抑えておくことです。小額投資という言葉がありますが、実は成功しているトレーダーや世間の金持ちはこの小額投資を大切にしています。成功するトレーダーは小額でストラテジーを試し、コツコツと利益を重ねます。徐々に利益も膨らみ、当初と比べても運用資金は巨額に成長していくのですが、実は本人は大勝負をしているわけではありません。事業で成功する人も、ほんの小さなエッジ(商機・勝機)を通して確信度を高めて徐々にアクセルを踏むわけですね。

仮想通貨ワールドについてはクレイジーな投機を繰り返す人も中にはいます。めちゃ儲かっている人もいます。それはそれですごいことです。ある時点で結構儲かったからと足を洗う人もいます。それもすごいことです。でも、そういう人がいるというだけでそれが自分に当てはまるのかというとそうではありません。

ビジネスの世界もトレードの世界もそうですが、一世一代の大勝負に出て勝利を得る人もいます。ですが、それは果たして自分自身に当てはまるのかということは十分考えてみて下さい。宝くじに当たる人は必ずいるわけですから。

バブル警鐘も鳴らされていますが、その終わりがどこにあるか誰もわからないです。上がるから買い、買うから上がる。チャットを見ているとショートをしている人もいるし、既に降りた人もいる。みんな怖いわけですね。でもその恐怖がまた人をクレイジーにさせるという循環を続けています。マーケットというのはそういうもの。

そして・・・、多少の損失は覚悟のうえですが、この雰囲気に飲み込まれることはやむなしでしょう。自分も生き残れるかわからないという不安はありますが、いやいやそれではいけません。生き残るべきなのです。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

    詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

    ご要望はこちらで承ります。