人は間違う

目的地まで辿り着くのにどちらを選びますか?

A、片道500円で30分かかる電車

B、片道650円で40分かかる電車

このような問題を出された場合、全ての人はAを選択すると考えがちです。しかしサンプル数を多くして聞いてみるとBを選択する人も出てきます。Bは明らかに劣後している選択肢ですが、問題をよく読んでない人や意味がわかっていない人はBを選択することもあるのです。

さて、更にここで上記の問題が現実的な選択肢であるとしましょう。通常、このような問題は他の条件は一緒で、というような制限があるわけですが、現実的に他の条件が一緒ということはありえません。思いつくだけ例を挙げてみますと、出発時間が違う、車両の質が違う、景色が違う、素敵な異性に会える等が複雑に絡まり合いBを選択することは何も不思議ではないという何らかの真実が隠されていることもあります。

上記理論的に間違うこともさることながら、現実には間違いだと言い切れない理由が人それぞれありますので株価や市場が理論通り動かないというのは当然だと言えます。システムトレードは、一本のルールをベースとして、このような理論と現実との乖離から少しだけ利益を頂くという手法です。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。