リスクマネジメントの概論

リスクマネジメントは悲観主義者に向いているのとのことですが、リスクマネジメントの極意というのは悲観的な想定を限りなく行い、万全な想定を行った結果、楽観的になれるというものです。

そういう意味では、日本人は基本的に常に悲観的であるが、悲観的主義者であるがゆえに、最悪のシナリオを考える際に思考停止に陥り、悪い意味での楽観的シナリオ(甘いシナリオ)を想定してしまうという性格を持っているようです。リスクマネジメントというのは、実は苦手なジャンルなのかもしれません。

ちなみに相場に関して言えば、楽観的見方が悲観相場を押し潰す(悲観相場にならない)といったことが見られるのも特に米国市場で見られるような気がします。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。