短期売買時の考察

利食いが失敗。つまり、トレンドが続く相場は間違いなくトレンド相場である。が、トレーディング真っ只中でトレンド相場であると気づくことは思ったよりも難しい。
・過去40本バーの5本移動平均にて高安を抽出し、高安期間を計測(例、12日など)。その期間のバー当りの値幅平均及び標準偏差を算出し、利食いポイントとして活用する。
・直近値が前日、前々日の高値を超えるタイミングで5本移動平均が20本移動平均を上抜けること。その5本移動平均と20本移動平均の乖離幅が狭くなったところでエントリーを行う。→ああ、これはMACDか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。