マーケットのアルファとベータ

前回、マーケットの動きを相殺するように仕組むヘッジ手法であるベータ・ニュートラルの解説をしました。ベータ・ニュートラルはヘッジファンドの代表的な手法の一つでもあり、これらマーケットニュートラル型のヘッジファンドの特徴は株式全体の値動きにとらわれずにアルファを獲得することを目指しています。

このアルファというのは、一般的に金融業界では運用者の運用能力を示します。アクティブ運用ファンドの最大のウリは投資家にアルファを提供することなのですが、アルファを稼げる運用者というのは稀にしかおらず、これまでの研究でも平均的にアルファはマイナスであるというデータも出ているくらいです。ちなみに、そのマイナス分というのは取引コストで殆どが説明できるとのことです。

このような消極的な結果が出ていることから、今度はアルファ・ニュートラルという手法が目立つようになりました。アルファ・ニュートラルとは運用者の能力を全否定する手法で、実際そのような用語はないのですが、当てはまるものはインデックス連動型投信や指数連動のETFがその例です。

アルファ・ニュートラル戦略を求める以上、投資家としてはコストを極力削ってもらいマーケットの値動きそのものを提供していただきたいものです。アルファ・ニュートラル戦略が求められているということは、すなわちプロ不要論とでも言えますので、金融業界は危機意識を持つべきなのですが、なかなかその考えに至っていないのが現状と言えるでしょう。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。