マーケットでの振る舞い方

マーケットでの振る舞い方で非常に大事なことは「プレイヤーはあなただけではない。」ということ。みんな勝とうとして参加しているし、みんな負けたくない。そんな状況において発生する最も問題的な行動は二つあり、「勝ち勇むこと。」と、その対極的な行動でもある「負けを認めないこと。」です。

「勝ち勇むこと。」と「負けを認めないこと。」がなぜ問題なのか。それは、行動に無理をかけるからです。そのことで隙が生まれ間違いなくそこから傷口が広がります。

もう少し利益を伸ばしてみよう、利食い幅をもう少しとってみよう、損切り注文はキャンセルしよう。大きな損は負いたくないので小さいロスカットを置こう。というこれらの行動がせっかくの優位性を台無しにする可能性があるのです。

トレードは良質な情報に基づいてトレードを行うだけです。手数料、スプレッド、マーケットインパクト等のコストは当然考慮しなければならないですが、それらを差し引いてプラスであるならばあとは粛々と実行するのみです。そんな積み重ねが後々に大きく育っていくのです。

と、思いませんか?

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。