マーケットでの振る舞い 品格を持つ

投資とは違い、短期売買がメインの投機はゼロサムゲームと言われています。ゼロサムゲームはWin-Winの関係にはなりません。相手方から奪うことが目的となります。

以前まで、その相手方とは初心者である個人投資家だと思っておりました。個人投資家の中には知識が乏しく無茶なことをやる人もおり、だからこそ市場は成り立つと考えていました。しかし、その考え方はよくないということに最近気づきました。何が問題かと言えば、この考え方を前提にすると市場が育たないのです。

それよりも、マーケットに胡坐をかいて生き延びようとしているサラリーマンプレイヤー、善良な個人投資家を食い物にしようとしている金融機関セールス、市場をかき乱す傲慢な大口プレイヤーに敢然と立ち向かうことが、マーケットで生きていくと決意した者の使命になるべきではないかと、そのように思うのです。

当然、誰もが最初は初心者です。初心者である個人投資家は絶対的なスキル、経験、知識が足りません。マーケットというのは厳しい世界ですので、弱者からお金を奪うものです。そのような方々からは授業料を頂くという考え方で、決して潰してはいけない存在なのだと、そのように考えています。相場操縦はいけませんが、個人投資家が結託してはいけないというルールはマーケットにありません。マーケットを愛する我々が切磋琢磨し、よい市場にしていきましょう!

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。