ポートフォリオの組み込み

ストラテジー強化に伴う新規ストラテジーの導入について、同じタイミングで新しいシステムと古いシステムをそのまま交換してしまうというのではなく新しいシステムを導入しつつポートフォリオを強化していくというポートフォリオ調整方法を紹介したいと思います。個別システムの最適化をして連続性を失うことを極力避けるのが狙いです。便宜上、金額ベースでの割り当てを考えて例示してみます。

トータルポートフォリオ120万円:

・システムA 20万円

・システムB 70万円

・システムC 30万円

このとき、新システムDというのを導入しようとした場合は以下のようにシステムA-Cの比率と全体の資金額を固定してポートフォリオの内容を変更します。実際は、他のシステムとの相関や市場特性を考えて、新システムDの比率を小さくします。新顔で新システムDの割合を大きくとることは通常はよくありません。

トータルポートフォリオ120万円:

・システムA 15万円

・システムB 52.5万円

・システムC 22.5万円

・システムD 30万円

————————————————-

また、システムCというのがどうしてもうまく機能しない、再最適化が必要だと判断される場合、(再最適化後のシステムをシステムC’とします。)システムCの比率を減らす代わりに、システムC’を導入することを考えます。

トータルポートフォリオ120万円:

・システムA 20万円

・システムB 70万円

・システムC 20万円

・システムC’ 10万円

システムC→システムC’と再最適化をすることによって、システムCを廃棄してシステムC’を導入するインパクトよりも、徐々に浸透させていくほうが、インパクトが少ないのではないかという考えが根底にあります。

最適化によって得られた最も良いパラメーターが、実際の取引でも最高の結果を得られるわけではないという考えを前提にすると、再最適化をしたシステムが元のシステムをアウトパフォームするとは言えないのではないかというのがこの考え方をサポートする理論です。というのも、調子の悪いオリジナルのシステムCが将来に復活してくる可能性もあるからです。また、システムCを更に徹底調査して、より良質のシステムC!!ができる可能性もありますから、安易に再最適化で調整するよりも、より綿密な開発を心がけることも大事です。イノベーションが生まれる方向に賭ける姿勢が、今後トレーダーとして飛躍するための大事な第一歩なのだと感じています。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。