ペーパートレードの方法論

ペーパートレードは、実弾投資をする直前段階のみで有効であり、ダラダラと机上のトレーディングを繰り返しているだけでは全く意味がありません。例えば、○月○日に実運用を開始すると計画し、そのためには期日までのペーパートレードで期待通りのトレーディング結果が得られるべきだ等と明白なスケジュールを持たなくてはいけません。いかにリアルに物事を考え現実に近づけるかがペーパートレードの成否を決定するのです。次の段階では、最小ロットのトレーディングをすることでコストの把握や理論上の成績と現実成績との乖離を見るなどで詳細の分析をすることで、継続的な収益を得る可能性が高まります。専門家は、例えば顧客であるBuy-side投資家のTCA(Transaction Cost Analysis)をするなどし、サービスを提供しています。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。