ヘッジファンドの運用パフォーマンスの目安

ファンドと言っても、良心的なファンドは多数あります。正式に当局に登録をし、真面目に運用しているヘッジファンドがそうなのですが、運用というものはまた難しいもので、元本の何十倍になるということはほとんどないと言ってもいいでしょう。私の感覚ですが、コンスタントに年10-30%くらいが良いファンドといえそうです。ただし、相場状況により年10-30%を出しても褒められないような状況下もあります。ポジションを保有しているだけの商品ファンドや景気上昇局面での株式ファンド等が例です。

つまり、個人投資家にとってファンドに投資をするということはそれほどの儲けは期待できないということを意味します。それでも年10-30%のファンドを見つけることが出来ればかなり恵まれているほうです。例えば、それに10年投資していれば一体いくらになるでしょう?また元本が2倍になるには何年かかるでしょう?一度計算してみて下さい。(ヒント:72の法則)

でも、自分でやっているトレーディングは別と考えてよいです。大きなリスクを取るのも自由ですし、運がいい場合もありますのでこの限りではありません。年に数倍は可能だと思います。B・N・F氏の例もありますからね。ちなみに、B・N・F氏の言動、行動はその資産にふさわしいもので、なるべくしてなった長者だと思います。でも常識では、年間数倍のリスク=大きな損失の可能性もある、という公式が成り立ちますので十分お気をつけ下さい。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。