ヘッジファンドに対するデューデリジェンス

ヘッジファンドに対するデューデリジェンスをまとめておきましょう。この調査は、個別トレーディングシステムにも当てはまると思われますので、一度じっくりと精査してみて下さい。調査項目はスタッフ構成、運用戦略、リスク、ビジネスプロセス、ITテクノロジー、情報アクセスと多岐にわたるが、最も大事なのは「人」であります。また、人柄だけが良くても意味がないのでその能力を見極めることも大切です。その根幹となす理念がしっかりしていることは第一条件でしょう。

1、スタッフ構成のチェック
スタッフの経歴やスキル、そして人柄を見ることが出来ればベストである。小さなヘッジファンド運用会社はワンマントレーダーを抱えている場合が多く、いわゆるバスリスク(バスに轢かれて死んでしまう)があるかもしれないことを念頭に置きましょう。

2、トレーディング戦略について
フォーカスしているストラテジーはどんなもので、この先通用するのかどうか。

3、リスクの把握
相場が曲がった時に資産が吹っ飛ぶようなファンドは話になりません。リスクが適切に管理されているかどうか確認が必要です。リスクエクスポージャーの洗い出しやボラティリティやVar等の定量的評価から様々な定性的な分析まできちんと検証が行われているのかどうかを確認しておきたいものです。

4、ビジネス環境
最新のテクノロジー投資がなされているかどうか、発注プロセスやオーダーマネジメントが明確にされているかどうか、パフォーマンス評価や手数料など、期間毎のディスクロージャーなどがちゃんとなされており、顧客のニーズが考慮されているかどうかがチェック項目となります。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。