プロフェッショナル投資家の認知的不協和

プロフェッショナル投資家は知識や経験を武器に相場と戦いますが、その知識や経験が逆に仇となって自信過剰に陥ることが多くあります。実際の能力と自分自身が認識している能力との差が顕著に見られることを認知的不協和といいますが、その乖離が大きくなりすぎた場合にプロフェッショナル投資家はこの認知的不協和を無意識のうちに否定し、あたかも自分の能力は優れていると過大評価することとなります。

プロフェッショナル投資家はビギナー投資家と比較して知識や経験は豊富ですが、将来の予測は誰もできないという事実を曲げることはできません。プロフェッショナル投資家が優れているのは、その知識や経験を生かし、将来に対してうまく対処できるということだけで、決して将来の予測ができるわけではありません。つまり、予測ができるような素振りを見せるプロフェッショナル投資家は偽物だと言えます。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。