トレーディング=ビジネス=ゲーム(勝てる人と負ける人)

投資は余裕資金でやりましょうというキャッチフレーズがありますが、当然トレーディングも余裕資金でやらないといけません。余裕資金でないということはすなわち生活資金ですが、人間として生きていくに当たり生活資金は必ず必要です。なので、この部分は絶対に相場のようなゼロサムゲームに配分するべきではないのです。

相場で負けるポイントとして、「含み損を現実ベースのサービスと対比してしまう」という悪い癖があります。要するに、5万円の含み損を抱えた時にその5万円についてあれやこれやを考えて損切りができなくなるのです。5万円があれば最新のPCが買える、5万円がなくなると家賃が払えなくなる。そのような心理により、損失を確定することができません。残念ながら、このような状況はほとんどのところで悪化します。含み損が20万円になっちゃうのです。で、そんなはずはない、20万円なんてありえない、と思っていると含み損は100万円をあっさり超えてしまいます。で、パニック状態の中で強制ロスカットが入って確定損失250万円。そんな極端なと思われるかもしれませんがこれに近い話はよく聞きます。これ、桁が10倍~50倍となっている人もいるくらいです。

逆に言うと、相場に置く資金は別の物として捉えあくまでビジネスとして割り切ることも大事だと考えます。いや、そうでないといけません。じゃあ、資金がない人は相場をやってはいけないのかと言う人もいるかもしれませんが、金融のプロの立場から言わせてもらうと、やはり、やってはいけないという結論にいたります。百歩譲って、金融リテラシーが高く才覚のある方、いわゆるまだ金をあまり持っていない金持ちマインドの人のみOKかもしれません。でもそういう人は、徐々にお金が集まりますし、そもそも金持ちマインドのある方は生活資金を圧迫してまで相場につぎ込むということはしません。

まあ、トレーディング=ビジネス=ゲームという考えですね。これくらいの割り切りがないと生き残れない世界です。「投資」はまた別物なので、別の回にて書いてみたいと思います。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。