トレーディングシステムのスピード開発

トレーディングシステムは、思いついたらとにかく作成するのが理想であり、細かいことはあとで考えるといった軽い気持ちで取り組むのがコツです。よいものは開発過程も短く労力も少ないのが特徴です。でも、言うは易く行うは難しです。

日経225先物(寄り付き→大引け)
7.5年のデータ
手数料:5000円
最大ドローダウン:179万円
損益:710万円

シグナルにNYダウのデータを使いました。ロスカットは固定値でフィルターは使っていません。年間だと最大ドローダウンに対して50%のリターンです。魅力的なシステムだとは言えませんが、損益曲線上向きのバイアスがあることは確かだと思います。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。