トレーディングシステム with フローチャート

プログラムを組む前にフローチャートを作成するというのはプログラマーにとっては基本の作業となります。事前にフローチャートを作成するのは一見、無駄な作業のようにも思えますが、複雑なロジックの場合、試行錯誤で組み込んで行くよりはるかに効率的になります。

将来的に、システムトレーダーは事前に考えたロジックを変更するようなこともあります。フローチャートは必要ないようにも思えますが、だからこそ大枠を見失わないためにも書くようにしたほうがいいのかもしれません。事前のフローチャート作成には、システム作成の時間が短縮されるというメリットと全体を把握できるというメリットがあります。フローチャートがあると、トレーディングシステムの構造を役割毎に見直すのが簡単です。

しかし、トレーディングシステムレベルのシンプルな構造では特に複雑なプログラミングをしませんので、絶対に必要なものだというわけではありません。更に簡略化した方法としては、ソースコードには必ずコメントを挿入するということを忘れてはいけません。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。