トレーディングのBCP(事業継続計画)策定

トレーディングはビジネスです。特に、短期システムトレードに関しては継続することに意義があることから、災害等の予期しない出来事が起こった場合を想定しておくべきです。なんといっても大切なお金を扱うわけですから、慎重に事態を想定しておかないといけません。幸い、トレーディングそのものは外部に対する社会的使命が全くない(続けなければ誰かが困るというわけではない)わけですから、トレーディングを一時停止するという選択肢も可能です。災害時には予期せぬ停電も起こりうることから「一時停止する」ことも難しい可能性があることを考えておかなくてはいけません。

継続する場合
・複数PCの設置
・ネット接続の確保
・データ保存
・証券会社等の連絡先
・バッテリー確保(UPS)
・二次災害の想定(過大なリスクを取らない)
・複数のインフラ確保(FAX、携帯電話、メール、電話)

停止する場合
・証券会社等の連絡先
・バッテリー確保(UPS)
・ポジションの把握

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。