トレーディングのキャリアを積む 4つの心得

1、トレーディング業界 ~ほとんどの人が消えていく!?
トレーディング業界で生き残るのはプロ、アマを問わず大変厳しいです。現実はほとんどの人が消えていくといってもいいほどです。でも人はそんな厳しい世界になぜ魅了されるのでしょうか。

答えは簡単です。自分たちの才覚や力量でいくらでも実力を発揮できるからです。いわば芸能界のあり方に最も近く、売れ始めればこんなに楽で儲かる商売はないと感じられる一方、その境地に立つまでは人一倍の努力とスキルが必要となります。そして時流に乗る「運」の要素も大きいのが双方に共通する特徴です。

2、トレーディングは主導権を握れる
浮き沈みの激しい芸能界と違う最大のメリットは、トレーディングは空いた時間でできることで、気が乗らないときは休むこともでき、ご自身のスケジュールに合わせ臨機応変に取り組めることです。無茶をしなければ大きな損もしませんので、例えば米雇用統計の日やFOMCなどの定例イベント時に少しだけエントリーするという使い方も可能です。要は自分自身が主導権を握れることもトレーディングのメリットです。

3、キャリアとしての明るい展望
トレーディングの才能が開花すればどんな展望が開けるでしょうか。例えばプロップハウス(自己資金運用)を運営することでトレード仲間とともにビジネス展開をすることもできますし、ヘッジファンド立ち上げも可能です。トレーディングの先を目指す過程で様々な仕事が生まれますので、その中で最も自分に向いたものに特化するのも楽しいことであり、新たな自分を発見できるかもしれません。

4、持続可能性(サステナビリティ)
そんな明るい展望でも相場急変により退場を食らっては元も子もありません。ですので、最も重視すべきはトレーダーとしての生存、いわゆる「持続可能性(サステナビリティ)」です。一般に企業のサステナビリティとは「企業が利益を上げながらも将来においてお客様にサービスを供給し続けられる能力」を意味しますが、そのためには自分の口座でリスク管理手法を徹底的して学び、自分自身で実際にトレードをすることで経験とともに体得していくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。