トレーダーとしての天賦の才

トレーダーとして成功するためには天賦の才が必要だ。

と、思っておりました。ギャンブル運といいますか、嗅覚みたいなものでここぞという時に勝負に出る、鉄火場の賭博師というのが当てはまるでしょうか。自分にはそんなものはない、とずっと感じており、そして一時期トレーディング業から遠ざかった時もありました。しかし、人の出会い及び読書というのは方向性を決めるには確かなものであり、自分なりに出た結論をここに書き留めたいと思います。

まず、トレーダーにとってギャンブル運、博才というのは必ずしも必要ではないということ、何かに本気で取り組むというのは震えるくらい怖いということです。早く大きく儲けるには、ギャンブル運、博才はいるかもしれませんがマーケットで勝つ、ということにフォーカスするためにはそこまでの運は必要でないということ。基礎スキルと知識を蓄積していけば、負けることはない。すなわち勝ちにつながるということが見えてきました。負けることがないのであれば、どこかのタイミングで大きく勝つチャンスも生まれます。それまでコツコツと日々やれることをやる。それだけです。

また、何かに本気で取り組むのは大変勇気がいることです。一点集中し、それが失敗してしまえば心が折れてしまいます。しかし、世の中のプロ及び一流選手は疑うことなく一点に集中しています。競争も激しく周りに脱落者もいる中、それでもトップを目指すのです。一点集中は応用が利かなくなるのではないか、自分に才能がなかったらどうしよう。そのような迷いが雑念を生み、失敗に結びつくのです。誰もが怖いのです。だから、怖いというのは当然という気持ちで前進していくのです。意地で頑固であるべきなんです。

正解を述べるわけではないのですが、トレーディングをやる天賦の才というのはトレーディングをすること。し続けること。これに尽きるということです。経験は天賦の才を作る。と私は信じています。まあ、見ていて下さい。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。