トレンド相場での精神力

上げ相場で苦しいのは売り方です。しかし、意外ですが買い方も苦しいのです。買い方は利が乗っていますので金銭的には苦しくないのですが、いつ手仕舞いをするべきか、どこまでポジションを持つべきか、精神的に休まることはありません。利食いした後に更に相場が上昇すれば後悔しますし、積み増しした後に反落することになれば下落スピードが速い分、すぐに利が吹っ飛ぶ危険性と隣り合わせとなり、常にこのようなストレスにさらされることになります。‫ちなみに、利食いした後に更に上がるという経験は誰もが持っているもので、本当に悔しいものですよね。ポジションを持つ前は、利を伸ばすということがこれほど苦しいとは思いも寄りませんし、ポジションを解消した後に驚かされるのはその保有期間の短さです。長期保有というのは、投資していることを忘れでもしない限りは、頭で考えているほど簡単ではないものです。

その逆で、下げ相場でも同じことが当てはまります。売り方は、いつ手仕舞いをするべきか、どこまでポジションを持つべきか、精神的に休まることはありません。利食いした後に更に下がれば後悔しますし、積み増しして反転すれば利が吹っ飛びます。売り方でもこのようなストレスにさらされることになります。トレーディングは精神力のいるゲームですね。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。