ダブルトレード(順張りの再エントリー)

ロスカットなしの取引は非常に危険な取引でもありますので、ロスカットを置くということは資産を守るという意味で大変重要です。しかし、大きな値動きのある相場でロスカットを小さく設定している場合、トレンドの方向性は間違っていないのに損失取引で終わることが頻繁に起こります。損切りをしていなければ儲かっていたはずだというのがまた悔しいパターンなのですが、それをカバーする一つのテクニックを紹介いたします。

 

 

1回目は大衆が容易に想定できるエントリーポイントであり、ダマシ発生の確率が増します。新高値、新安値更新の際のスパイク(急激な上げ、急激な下げ)には注意が必要で、そこが天井、底であることが考えられます。一方、2回目は誰にでも読めるものではなく効果的なエントリーポイントとなります。

また、利食い後に更にトレンドが継続しているときは、再エントリーをすることで勝率が上がる可能性があります。上がったところで買うなんて悔しいもので、少し下がったところで買いたい、再エントリーするからには前回より有利なところで買いたいと思うのが人の心理ですが、前回トレードとマーケットの動きには何の関連性もありません。しかもこういう状況は、かなりの高い確率で勝てるトレードとなりえるので黙って買うべきポイントとなります。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。