スキャルピングを修行中

現在、スキャルピングを修行中。システムトレーダーからのスキャルパーなので、取っ掛かりがある反面、大きな違いも認識中。トレーディングは消耗ビジネスと言われていますが、そのことを体感しています。逆に言うと、これまでトレーディングが消耗ビジネスと言われてもピンときていませんでした。

システムトレード経験者としてメリットがあるのは、ストラテジーを体得した後に自動化が可能なこと。それと、手数料とスプレッドの大きさがわかっていることや、オーバートレードのインパクトがよーくわかっていることです。システムトレーダーは、過去データをいじくるだけじゃなしに、やっぱり相場に揉まれないといけませんね。

2 件のコメント

  • はじめまして、いつも楽しく読まさせていただいてます。

    最近はシステムトレードもすっかり二極化してしまいましたね。
    できる人は自分のような一般人には理解できないとこまで行っちゃってて、
    無理な人はブローカーの用意したシステムから選ぶだけみたいな状況なので、
    自力でシステムトレードしようとする人には大変な時代になりました。
    そんな時代ですが、裁量トレーダーは自分の手法がマネされにくいと思っているからか、
    けっこう気軽に情報を公開しますから、
    そこからなんとかシステムトレードをするヒントを見つけたいところです。
    スキャルピングこそ、大数の法則が生かせるので本当はシステムトレード向きなんですがね~。

  • 八郎さん

    こんにちは。システムから選ぶというのが全然なじみがなくて、逆に自分は流行に乗り遅れているのではないかと思ってしまいます。システムトレーダーとしては、裁量トレードから何とかヒントを得たいところです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

    詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

    ご要望はこちらで承ります。