システムトレードの実情

システムトレードは大変骨の折れるトレードです。四季報を見て、特定の銘柄を見つけて長期的に投資する投資手法(Buy&Hold)がどんなに楽かと思い知らされますが、それは隣の芝生は青く見えてしまうのと同じことなので自重します。こんなことを書くと、楽な投資法はないと怒られそうですね。

また、一攫千金にも程遠いのがこのシステムトレードですが、努力した分だけその見返りとして安定して儲け続けられる可能性があるというのがシステムトレードだと思っています。それでもリスクはあるわけですから、絶対に儲かるとは限りません。また、運用資産もそれなりの大きさでなければ割に合わない投資手法となります。

システムトレードで勝ち続けるためには専門の知識も必要になってきます。金融知識、経済知識はもちろんのこと、基本的なテクノロジー知識やトレーディング業界に詳しくないといけません。他者に遅れるとその分、不利になるわけです。非常に厳しい世界ですが、コツコツと頑張るしかないわけです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。