システムトレーダーの棲み分け

一口にシステムトレーダーと言っても、大別してFX、先物、株式と区別されており両者間の垣根は思ったよりも高いものです。私自身、国内外問わず先物全般がメインで株式はまだ対応可能ですが、FXとなると全く圏外となっています。しかし、FXブームはすごいもので、FXからのシステムトレーダーの層は厚いものとなっています。残念なことにFXシステムトレーダーが私のサイトに訪問しても直接のヒントになるようなものは何も得られず、素通りしてしまっているのが現実で、だからといってFXシステムトレーダーの方にこれからも何も提供しないというのは不本意でもあることから自分なりに少し考えてみました。

今、FXシステムトレーダーの最も人気のツールは有無を言わずMetatrader4です。最近ではMetatrader5という次期バージョンが出ていますが、Metatrader4の普及が浸透していることもあってなかなか移行することはない様相です。先物派でのTradestation2000iと同じような現象が起こっているというところでしょうか。2000iは1999年2月に新発売されて2003年末までのサポートでしたが、なんと今でも日本で定価で売られているみたいです。流石に日本語版としてリパッケージされているとしても、定価で買うのは少し考えたほうがいいかもしれません。

前置きは長くなりましたが、要するにMetatrader5をちょっと勉強していこうということです。為替相場は先物・株式と動きが異なりますのでインディケーターの応用は難しいかもしれませんが、同じ相場ですから必ず突破口はあると思います。まずは、関連書籍で勉強ということになりますので何がよいかをちょっとずつリサーチしていく予定です。

Print Friendly, PDF & Email

2 件のコメント

  • saru999様

    書き込みありがとうございます。私もFXサイドから勉強させて頂きます。よく似た者同士のはずですが、何故かすごくすれ違いが多いのが気になりました。この業界は奥が深いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。