システムトレーダーと習慣化 最初に自制心を身に着ける

システムトレードに興味を持っている人の特徴は大きく二つに分類されます。一つ目は楽して稼ぎたいという方で、二つ目は良い習慣を繰り返したいという方です。一般的な見方としては一つ目が主流であり、他者のストラテジーを使うことも厭わないですし、システムトレードの何たるかはわからなくても寝たまま稼げるというイメージを持っています。こちら、短期的な考え方でもあります。

一方で、二つ目は考え方そのものが大きく異なります。二つ目の良い習慣を繰り返したいという考え方は、例えば自分でストラテジーを構築し、完璧だとは言わないまでも、優位性のある行動を見つけることを考えその行動の繰り返しを実現するためにどうすればよいのか、という思考の果てにシステムトレードに行き着きます。こちら長期的な考えの上に成り立っており、どちらかと言えば経営者マインドを持つ方が多いと思っています。そして、当ブログの読者の方々は二つ目の考え方をする方が多いです。(そうでなければ、こんな文章を読まないですからね。)

さて、この良い習慣を繰り返すためにはどのような戦略を立てるべきかというところですが、まずは日々の行動を見直すことから始まります。トレードそのものではなく、朝起きて歯磨きしてご飯を食べてというところからの見直しです。学校で習ったことは「規則正しく行動すること」かもしれませんが、規則正しく行動して得られるメリットが小さいものであれば、その規則正しい行動は間違っていると言えます。行動を見直した後、自分が得たい成果と比較し何が足りないのか、どう行動するべきなのかというところまで考えれば改善することは近いかもしれません。そのように自分が得たい成果に近づけるよう努力します。

努力という言葉を使いましたが、行動を変える初期の頃は大変な労力を伴います。新しいストラテジーを構築する検証段階でも結構苦労しますよね。それと同じで、新しい行動原理を創ることは大変なことであり、そしてその行動に従うことも当初は大変です。しかし、安定稼働していけば努力という言葉すら感じずに日々の繰り返しが始まります。これが習慣化です。システムトレードの境地でもある、自動売買で寝たまま稼げるというものですね。ですから、最初に「良い習慣を繰り返したい」という動機から始まり、そして自然と楽して稼ぐというステップを歩むことが正しいと思っています。

まずは自制心を身に着けて習慣化しましょう。面舵いっぱい取って流れを変えた後は自然と進むというのが理想です。

さて、ダウは下値を割りましたね。直近では弱い反発を経験していますが今回も同じように反発するのでしょうか。もしくは今月の早い段階で安値を更新していますので、そのまま下落基調が続くことも考えられます。中国・中東関連のニュースにより市場センチメントは↓ですね。indu20160106

 

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。