ゴール・シーキング

トレーディングを継続することで得る結果、すなわちゴールとは何でしょうか。これまで、それはリターンでありマネーの絶対額であると思っていましたが、マネーは目的やゴールにはならないということを理解し始めています。もちろん、稼ぐということは大事なことであり、それはマーケットのいち参加者として重要なことではありますが、稼ぐことはいわば車で言うところのガソリン注入みたいなものであって、本来の目的はもっと別なところにあると考えます。

例えば、ふと思いついたのが3時間労働。3時間働いてあとは自由な時間を手に入れる。自由な時間は相場を見て、何か情報収集をして、と結局はマーケットに関係することをするのでそれを労働としてカウントすると、まあ普通の労働時間なのですが、やっぱり何をゴールとしているのか自分でもわからなくなるわけです。しかしながら、ゴールを明確にしている人はほんのひとにぎり。自分が何を求めているのか。それはなかなかわかっている人は少なく、いわばゴールシーキング(ゴールを探す。)型の人が大半ではないでしょうか。

そんなことを考えながら、テクニカルにやるべきこと(自動売買化)は山ほどあるわけです。ヘッジファンドのビジネスモデルも、その飽くなき拡大モデルについては疑問に思っていましたが、拡大路線ではないクローズド型が実はもっとも楽しく、もっとも研究要素が深く、コントロールもできるのではないかと思っています。

今日のブログは、結論がはっきりしないものですが、そんなことも考えているということで「締め」とさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。