エントリー及びエグジットのアクション

システムトレードのエントリー及びエグジットは、下記の3つの出来事が生じたときに行われます。

・プライスアクション
例えば、移動平均線などクロスオーバーした場合にエントリー及びエグジットをする場合。値動きに合わせるのでスリッページ等も発生する可能性があり、瞬間的に損益が触れる。最も基本的なアクション。
・タイムアクション
一定の時間になるとエントリー及びエグジットのアクションを起こす。例えば、3日目で手仕舞いなどが挙げられる。
・外生変数によるアクション
ダウ平均が上がれば日経平均を買う、TOPIXを見て日経平均を売買するなど簡単なアクションを行う。うまくいけば、相場の値動きのないときや時間を指定しないでエントリー及びエグジットが可能。ただし、理論的な説明が必要な場合もある。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。