ウィキペディアのテクニカル分析ページ

ウィキペディアのテクニカル分析ページを読んでみました。数年前と違って大分洗練された印象で、全く違和感ありませんでした。ついでにシステムトレードのリンクにも飛びましたが、これも確かにその通りというところで、流石ウィキペディアと言ったところです。徐々に徐々に手を加えられて修正されていったのでしょう。川に流された岩が砕けて丸い小石になっていくイメージですね。

テクニカル分析 – Wikipedia

テクニカル分析(英語) – Wikipedia

さて、英語版も読んでみましたが、これがまた日本語版と内容が全然違い面白かったです。英語版の翻訳が日本語版ではないというところで、同じ用語でも各国の感じ方の違いがわかるのもいいですね。他の言語でもそれぞれ異なる定義や意味があるのかもしれません。

テクニカル分析での図解、分解でその切り口を見出すことがシステムトレードの醍醐味と言えるでしょう。「完璧に取引市場を予測しうるものは、現在存在していないし、将来に渡って完璧なものは存在しない。」というのはまさにその通りで、仮に短期で完璧なものがあったとしても、あからさまであればあるほどすぐに修正されますし、そのような穴を見つけ続けることは大変難しいです。

システムトレーダーにとっては、マーケットの癖(長期の構造的なアノマリー)に賭けることが一番楽かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。