インドの株価指数

SENSEX30は、ボンベイ証券取引所に上場される30種の銘柄からなる株価指数で日経の夕刊でもお馴染みです。時価総額加重平均で算出されます。インドという国はアジアの新興国を代表する指標ですが、指数連動型の銘柄を日本からトレーディングすることは少々難しいです。一方、インド証券取引所 (ナショナル) の50銘柄で構成されるインドS&P CNX NIFTY指数(Nifty 50)も有名です。特に、シンガポール証券取引所で上場されているS&P CNX NIFTY先物(SGX S&P CNX Nifty Index Futures)は出来高もあり、トレーディングが十分に可能です。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。