アナリストの6つの心理的トラップ

固執トラップ Anchoring trap
当初の情報にウェイトを置き、新しく得た情報を無視してしまうこと。

現状維持トラップ Status quo bias trap
予測の変更を行わないこと。

確証トラップ Confirming Evidence trap
予測を確証する材料を探し出し、予測は正しいのだという確信を得ること。株価上昇を予測した後に、日経新聞等で株価上昇の材料を探すこと。著名人と同調する場合もある。「藤巻健史さんも上がるって言ってた。」

自信過剰トラップ Overconfidence trap
過去の失敗を無視して成功のみを強調し、自分の予測能力を過信すること。バブルの天井を当てた、など。

慎重トラップ Prudence trap
保守的な予測をすること。今日の為替が105円/$のとき明日のレンジは108円/$から102円/$だと予測してしまう。

回想トラップ Recallability trap
過去の経験から得た重要なイベント:テロやブラックマンデーを思い起こすこと。

Print Friendly, PDF & Email

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。