アセットアロケーションと効用関数

アセットアロケーションの一般的な式により、投資家の効用を示す。投資家の効用とは、リスク許容度などを変数とした、投資家の満足度を示す指標のことである。

U = μ – 0.5σ^2*1/τ
U(ユー):効用、μ(ミュー):期待リターン、σ(シグマ):リスク、τ(タウ):リスク許容度

リスク許容度とは、投資家がリターン増加の際に許容できるリスクの度合いを意味する。逆に、資産構成から逆算することで、リスク許容度が計算できる。一例としてリスク資産を株式とみなすと、リスク許容度を求める式は次のようになる。

τ = σR^2/(μR-μf)*X
リスク許容度 = 株式リスクの二乗/(株式リターン – フリーレート)*株式配分

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。