アクティブ運用とストラテジー

グリノルドの「The Fundamental Law of Active Management」によると、ストラテジー数を多くすることにより、優れたリターンを残すことが可能だとあります。大手ヘッジファンドはクオンツアナリストを多く雇い、質の良いストラテジーを多数輩出するような仕組みを構築しています。しかし、知財というのは無限ではないので、いかにBreadth(ストラテジーの数)を多くしてもクオンツアナリストに支払う報酬などのランニングコストや量産することによる質の低下が避けられません。いかにうまく運用ブレーンをマネジメントするかがヘッジファンド成功への鍵となります。

IR=IC×√Breadth

IR: The Information Ratio
IC: The Information Coefficient = a measure of the manager’s skill
Breadth: The number of strategies

システムトレーダーにとって、「投資手法の有効性」を極めることも仕事の内ですが、有効であるストラテジーを多く採用しトレーディングに活かすことも、システムトレードの仕事の大部分でもあります。このように研鑽を重ねることが勝てる自信につながります。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。