アイデアの有効性 -買い上がりを更に買う-

ふと思いついたアイデアを検証すべく、バックテスト要件に落とし込んでみました。調べたかったことは、上昇トレンドが続いた直後に強い上昇があった場合、更に追随買いをすればどうなのかという疑問の解消です。いわゆる短期トレンドフォロー戦略ですが、実際の相場でこのような場面に出会ったとき、なかなか買えるものではありません。

むしろ、買いポジションを保有していた場合は利食いの好機と考えて売りを出すトレーダーも多いでしょう。逆張り派にとっては、買われ過ぎを意識して売り浴びせる意欲が湧きます。売りポジションを保有している場合はどうでしょう?急激に含み損を抱えるわけですが、損切りを徹底していない投資家は損失を確定するのをためらいがちになります。つまり、このような状況では圧倒的に強気派が少ないのです。

しかし、経験則からですが、相場がひと段落ついた後にチャートを俯瞰した場合、買いポジションを手放すのは早過ぎた、突き上がってくるナイフは掴むな、損切りはすぐにでもやるべきだ、というのがほとんどです。このように心理的に行動しにくい場合は、システムトレードの出番です。


銘柄:日本の銘柄  コスト:5000円分

軽くプログラミングを組んでみましたが、どうやら十分機能するような予感がいたしました。詳細は詰めていませんのでこれを結論とするには語弊があるかもしれませんが、今後は深く分析する余地ありというところでお伝えしておきます。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。