うまくいったトレーディングを教訓とする

長いことトレーダーをやっているとうまい具合にハマることがあります。何をやってもうまくいかない時もありますが、何をやってもうまくいく・・・(ということは滅多にないか・・・)というトレードが重なるときがあります。その時の心理を記述すると同時に今後に活かす方法をお伝えいたします。

結局、天底を当てた時に人間というのはうまくいったと思うようです。買った時が底だった、売った時が天井だったという時ですね。ですが、この考えはいつか疲弊します。なぜならば当てるのが難しいからです(ものすごく単純です)。そうではなく、トレーダーたるものは相場の動きが何であれ、ある程度の値幅を取った時をうまくいったと思うべきでしょう。エントリー前の動きやエグジット後の動きはもはや関係ないのです。

私は含み損益をそのまま損益と考えていますので損切りはためらいがありません。一方で利食いは下手です。含み益が好きなのですが、伸ばし過ぎるというか放置状態にしてしまい、いつの間にか赤くなっていることが多いです。そんな利食い下手ですが、非常に利益が伸びた時はこう考えるようにしています。この先、さらにトレンドが延びる可能性はあるだろう。だが、もういいのではないか。あまり貪欲になり過ぎてもよいことはない。八分目でいいのだ、と。トレンドが延長してもここらで一休みという考えが重要なのかなと思いました。みんな、儲けようとしているわけですがそんな儲けすぎなくてよいという考えが結果的によい効果をもたらしているのではないかと。そう思われます。(結局、その相場はある程度突っ込んだものの反転しました。)

あとは長期トレードの場合ですね。長期トレードであってもエントリーの時は短期目線となりますよね。やっぱり人間というのは損をしたくないので、数分でも逆に行けば不安になる。でも、長期トレードであれば短期の値動きはデイトレーダーにくれてやれ、と言わんばかりの場所でエントリーしましょう。そうすると、意外とものすごくいいところでエントリーできるかもしれません。

結局、相場というのは誰もが儲けようとしている場所なので、偏った時というのが一番危ないのです。これ、誰がやっても儲かるだろうというチャートがあるわけですが、残念ながら全員が儲かることはありえません。誰かが損をして誰かが利益を上げるわけです。言いかえると、誰がやっても儲かるだろうというときは、儲けてもらっていいですよ、という気持ちでエントリーする。そういう利他の精神がトレードでも効力を発揮することもあるのだなぁと思いました。

儲けてもらっていいですよ、という気持ちで入れば多少マイナスになっても精神は落ち着いていられますし、冷静な判断ができます。パターン化できるとなればあとは自動売買なりしてシステムトレード化すればいいだけの話です。それが未来思考のシステムトレーダーに必要な考えだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。