あなたの資金はスマートマネーですか?

スマートマネーという用語が使われています。スマートマネーとはいわゆる洗練された投資家のマネーを意味し、例えば先物市場であればCOTレポート(コミットメント オブ トレーダーズ)で機関投資家のポジションを見たり、米国の著名投資家であるウォーレンバフェットのバークシャーハザウェイ保有株式を見るなど、スマートマネーを狙えみたいなことが投資指南書には書かれています。

スマートマネーの流れを知り、その流れに乗るというのは確かにマーケットで生き抜くには重要な考えですが、それって投機的な考えじゃないですか?そもそも他者に乗ることを考えず、自分のマネーを出来る限りスマートマネーに仕立てあげる。そういうことを考えたほうがよくないですか?と私は思うわけです。

前回のブログで投資家と運用者のお話を書きましたが、本日は投資家側から見たスマートマネーについて書きたいと思っています。スマートマネーは確かに投資家の性格を反映しているものです。例えば、その資金を有名なヘッジファンドに預けると仮定します。半年たってリターンが2%だった。一方で、別のヘッジファンドでは15%を計上していたとして、その投資家はどう判断するかというところです。リターンが2%とはいえ、その中身を判断し継続するのか、あるいはよいリターンの15%のほうに鞍替えするのか。結局しっかり考えられたマネーは然るべきところに移動するのです。リターンだけを見て移動するマネーはスマートマネーになりえないというのは明らかです。いつかババを引きます。

その流れに乗るということを考えるよりは、今の自分のマネーをどうすべきか。センスが問われる判断ですし、そう考えないといつまでたってもスマートマネーにならないです。我々システムトレーダーもストラテジーに乗ることプラス運用資産についても判断しなくてはいけません。きちんと情報収集をし、然るべき運用商品に的を絞るというのはこのスマートマネーに育てるという考えに直結しています。

スマートマネー、自分自身のこととして捉えてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。