「否定」を受け入れる

桜井章一さんの本を読んで衝撃を受けています。麻雀のプロ雀士として君臨し、数々の著書を残していらっしゃいます。「気づいたら即行動」というところは完全に同意するにしても、ツキがないときにはまるで正反対のことをやって状況を試す。知識、情報に振り回されず感性を磨く。といった過去の私を「否定」するようなこともあり、だからこそ耳を傾ける必要もあるのかなという考えもチラつきます。勝てないときは、売買逆のトレードを試してみるということもひょっとしてありなのかなという気にさせてくれます。

でも、これは桜井さんの言葉ではないですが、「古い自分にしがみつかず常に挑戦する。」ということが奨励される一方、「自分の核となる信念を持たず他者の進言に目移りすると大成しない。」ということも言えますので、こういった哲学は、経験をベースに一つ一つ噛みしめて自分のものにしていくことが大事であるように思います。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。