「儲かりまっか」の世界

最近では、中国のボーイング200機購入・仏・米のインド訪問・日本の新幹線売り込みといったセールス外交が頻繁に行われています。世界の根底にも「儲かりまっか」の世界が渦巻いているわけでもあります。

相場で儲けることも決して悪いことではございません。投資はなおのことよし、投機でも利益を追求することで経済学・金融学・数理・ITテクノロジーの発展や設備投資などの景気循環に貢献できますので腹を据えて儲けていきましょう!

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。