SPICA(スピカ)のリアルタイム検証

短期トレンドのフォロワー型インディケータのメタトレーダー4専用 トレードインディケータ SPICA(スピカ)ですが、早速効力を発揮しています。トレンドをつかむために採用したいロスカット手法はやはりトレーリングストップでしょうか。

今回は110円割れというメインイベントもあり、先週の雇用統計や北朝鮮有事の恐れもありと一旦材料が出た上での下落です。ファンダメンタルズ分析派にとっては少しサプライズ気味で、そこを取っていくのがシステムトレーダーの仕事であるとも言えます。

だいぶ下げているのでここで利食いにしたい気持ちになるかもしれませんが、インディケータはまだ動くときではないということを示しています。

リアルタイム検証では、次の課題を提示しています。
・15分足は適切か。・・・特に問題なさそう
・一日に出る取引回数が2~3回になるのであれば従う必要はなさそう。
・損切りレベルはきっちりと認識しなければならない。
・トレンドがないときの対処の仕方は今後の検証次第

数年間のディーラー&ファンドで培った経験をもとに唯一無二のインジケータを提供します。
メタトレーダー4専用 トレードインディケーター SPICA(スピカ)

FX-ONでの購入はこちらです。

メタトレーダー4専用 トレードインディケーター SPICA(スピカ)


1 個のコメント

  • この後の4月後半〜5月前半は仏大統領選挙動向や北朝鮮有事の回避でドル円は上昇基調でした。その辺りも含め、分析を常に行っていきたいと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    ABOUTこの記事をかいた人

    システック

    当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。