ホーム ブログ ページ 3
外資系投資銀行のクオンツに聞いてみた クオンツと言っても周りには色々なクオンツがいるなと感じていましたが、やはりその中にも「種類」があるということがわかりました。金融業界というのは例えば企業アナリストやストラテジスト、注文執行トレーダーなどのカテゴリで分かれている部分もありますが、企業によって求められる内容も違います。金融業界に飛び込むかあるいは自分で事業を行うかは別として、自分自身が何ができて何ができないのか、そして何をしたいのかを明確に基準化することは大切だと感じています。 クオンツの中でもシステムトレーダーに当てはまるものは、クリスタル・ボール・クオンツであり、対象期間により区分けされています。特に、数ミリ秒単位のハイ・フリクエンシー部門は通常のシステムトレーダーには不可(手数料やシステム面も含めて。テクニック的なものは大差ないかもしれません。)で、この部門は捨てるべきで...
当サイトはシステムトレードに関する内容ですが、新技術であるブロックチェーンやクラウドセールとも呼ばれるICO(Initial Coin Offering)の領域にも踏み込もうとしています。つまりトレーダーにとってもこれは無視できない時代の流れでもあり、未来に通用するシステムトレーダーの育成と発掘が必要になってきているというところでしょう。 思考の毎日が続きます。 ※盛り上げていきたいと思っていますので、よろしければお気軽にコメント下さい!
【特設】ビットオンブロックのコーナーを設けています。随時アップデートしていきますのでよろしくお願いします。 今回の記事では、革新的な破壊的イノベーションであるビットコインと進化的な効率的イノベーションである業界のワークフローツールの違いと、信じられないほど紛らわしいことになぜこれら双方がブロックチェーンと総称されるのかについて、説明します。 こちらの投稿では、「業界のブロックチェーン」という用語の代わりに「業界のワークフローツール」を使います。こちらの文面での新興ソリューション(新しい解決策)とでもいうべきいくつかはブロックチェーンでありません。(例、R3のコード(Corda)はブロックチェーンではありませんが、デジタルアセット社のソリューションはブロックチェーンです。しかし、双方ともに業界のワークフローツールとして提案しています。) ツイッターとマイクロ...
他のブログを参考にすることはよくありますが、正直なところブログに貼られる広告(アフィリエイト)が邪魔です。 せっかくいい情報を発信してもアフィリエイトのせいで見た目が少しお下品になりますし、あまりに量が多すぎると、ああこっちが本心なのかなと感じてしまいます。そもそもがベタベタ貼られているサイトに有益な情報は一部を除いてほとんどないと言ってもいいかもしれません。 とは言っても、完全否定するものではありません。ブログ運営にはランニング費用がかかりますし、ブログ更新の労力としての人件費、そして有益な情報を発信する以上は+αの対価を得てもいいのではないかというのも自然な発想です。中には、完全にニーズにマッチした広告もありますし、広告すべてが悪いというわけではありません。やり過ぎはよくないということですね。 当ブログもどのような広告(アフィリエイト)がよいのかと思案しています。今日...
暗号通貨.pyをコツコツと読み続けています。まだ2014年秋の知識でしかないのですが、ネームコイン、クラウドファンディング、IPOならぬICOなど今からでも有効なアイデアがいくつかあります。 2017年初夏という未来から俯瞰(ふかん)してブログを読んでいるわけですが、ひとつ言えることは今何かを始めても遅すぎることはない。ということです。 先行者利益なんて考えなくていいです。これだけ世間で認められつつある今、逆に遡って歴史を学べることはより効率的であるとも考えられます。 これもシステムトレーダー的な発想かもしれませんね。
利食いが失敗。つまり、トレンドが続く相場は間違いなくトレンド相場である。が、トレーディング真っ只中でトレンド相場であると気づくことは思ったよりも難しい。 ・過去40本バーの5本移動平均にて高安を抽出し、高安期間を計測(例、12日など)。その期間のバー当りの値幅平均及び標準偏差を算出し、利食いポイントとして活用する。 ・直近値が前日、前々日の高値を超えるタイミングで5本移動平均が20本移動平均を上抜けること。その5本移動平均と20本移動平均の乖離幅が狭くなったところでエントリーを行う。→ああ、これはMACDか。
サイドバーにブログ更新メールの機能を追加いたしました。ブログを訪問して頂いて中身を読んで、というのはなかなか面倒な時もあるという人もいらっしゃるでしょうから、直接届くメール形式もニーズがあるのかなと思ってのことです。 読者の方々のお時間節約にも貢献できるのかなとも思います。RSSフィードもございますので、こちらも合わせてどうぞ。 http://system-star.com/feed 是非、ご検討下さい! ※盛り上げていきたいと思っていますので、よろしければお気軽にコメント下さい!
面白いブログがあったので紹介します。 暗号通貨.py ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。 初心者目線から出発し、今にいたってもうすぐ3年です。Pythonとビットコイン&ブロックチェーンは親和性がすごくあると思っています。歴史を感じ取れるよう初期投稿から読ませて頂きたいと思います。 ※盛り上げていきたいと思っていますので、よろしければお気軽にコメント下さい!
スキャルピング(超短期売買)をしていた頃のノートが出てきたのでまとめました。 基本路線として、裁量のスキャルピング(超短期売買)は、頑固一徹の変人には勝てるがそうでない人には難しい。なぜならば相場のセンチメント(市場心理)に飲み込まれるから。 こだわり手法と常識的見解を往復するのが最も最悪で、マーケットに振らされて終わる。 こだわり手法を体系化して、システム売買化すれば勝てる可能性も出てくるが、スリッページや売買手数料等の執行コストが高いため、入念なバックテストが必要。 【経済指標トレード】 ・米雇用統計発表時において、エントリー後に相場の方向感を見失いがち。反転が多いのでエントリーチャンスが多いように見える。(が、実際はスプレッドが広いなど、おいしくないタイミングが多い。) ・激しい値動きの時は反応が早いほうがよい。損切り及び利食いは値幅を見積もって固...
株式長期投資の手法の一つに、ホットな話題で連想される銘柄を好んで投資をするというテーマ株投資というものがあります。非常に楽しめる投資手法です。特に最先端テクノロジーに人気があり、人類というのは新しい物好きであるという傾向もみてとれます。 例として仮想通貨、ロボット(AI)、ゲーム(VR)、介護、バイオテクノロジーというのがありますが、確かに話題となっているだけあって直近で出来高増加もさることながら、株価も強いと言えそうです。そして、上昇している銘柄を持つというのは気分のいいものです。 流行を追うのもいいかもしれませんが、流行り廃りもあり、その嗅覚が鈍ればたちまち割高株をつかむことになり、損をしてしまいます。テーマ株で高値をつかんだ損切りのできない投資家の株は、間違いなく塩漬け株となってしまいます。そして、塩部分は他の投資家の懐に転がり込んでいます。 テーマ株投資はゲーム性...