ホーム ブログ ページ 2
忙しくなってくると、健康管理が重要になってきます。そのネタをブログに書こうと思ったら既に書いていました。 トレーダーと健康管理 今回はストレスが極限に張り詰めている時ということにします。 随所で気を抜くというのは大事なことで、それが長期のパフォーマンス向上につながります。一方で忙しいながらも時間をなるべく作ってストレッチをしてみましょう。ストレッチも億劫だという方はふくらはぎを揉むだけでもいいかもしれません。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれています。下半身の血液のポンプの役割を担っていますので、しっかり揉むことで血液循環がよくなります。 実は私、管理という言葉が好きで、やれ時間管理だとかドキュメント管理だとか健康管理だとか言っています。一般に管理好きは融通が効かず、無理をしてしまいがちで体を壊すという人が多いですが、そのような性格の方はアソビを作って心のゆとりを持ち...
非プログラマーにとって、プログラミングを取り扱うというのは相当に苦痛です。用語や仕組みがわからず、結果的に膨大な時間が取られそうな予感がし、そして実際に学習する場合には時間を奪われます。 結果、何も身につかないと嘆いてしまいます。 ・何をしたいのか。 ・そのツール(プログラミ言語)でないと実現できないか。 幸い、非プログラマーは「何をしたい。」というのが明確です。ここはブレてはいけません。今やソースコードは至るところに落ちていますのでコピペで十分です。理解する必要はなく、使うだけです。例えば、テレビが映る仕組みなんて知る必要なく、ただ見るだけでいいんです。チャンネルの回し方がわかっていればそれでいいのです。 ホントに当たり前のことを最近気づいたのですが、非プログラマーはアプリを作ることにハードルを感じてしまいます。 でも、よく考えたらIDE(統合開発環境)で...

素人力

マーケットに関しては長年向き合っていると、プロ手法とそうでない手法というのは見分けがつきます。色々な方とお話して、反省しなければならないのは、リターンが実際に上がっている手法をプロの見方で判断してしまうこと、=こんな手法ダメだなと頭でっかちに判断してしまうこと、です。 そもそもプロというのは何なのかという事になります。目が肥えれば肥えるほど、分散化が考えられていなかったりロスカットの定義があやふやなものは拒絶してしまいます。しかし、本物のプロはそのようなロジックを原石と捉え、更に改善できる提案やもしくはアイデアを試して自分の手法に取り入れたりとするはずです。 「私は素人なんですが、この○○手法は勝てると思っていて実際勝っているんですよ。」という話は素直に受け入れるべきです。マーケットは生き物ですから、自分の行動を吸収することで行動を変化させようとします。知識というのは大して意味...
pythonを使ってビットコインのトレードを行う予定です。 ・一業者のデータを取得して売買ができること。 ・複数業者のデータを同時取得して割安割高を考えながら売買ができること。 ・残高をマネジメントできること。 なかなかハードルが高いかもしれませんが、まずは最初の「一業者のデータを取得して売買ができること。」を目指します。pythonをプログラミングしてコインチェックのAPIのデータ表示を試みます。 既にいくつか紹介しているブログがありますので、何の目新しさもないですが、「自分の手元に、把握できるデータがある」ということに価値があります。読者の方も先回りしてやってみて下さい!
FXインディケータ:SPICAのフォローアップが最近出来ていませんね。(しかも昔の画像ですみません。。) インディケータと価格そのものを比べて見てみますと、明らかに価格のノイズが大きいことがわかります。この「ノイズを取りに行く」という考え方は実際のところおすすめできません。 それはノイズそのものが小さすぎてコストと見合わないからです。だからこそ、インディケータの本質的な傾向を知り、その方向に賭けるということが大切になってきます。方向性がきっちりしていれば、そのノイズにうまく乗る形でコスト節約が果たせます。インディケータの色が頻繁に変わるときはトレンドが変わっている時なので、そのときはトレードを止めておきましょう。 長期時間、短期時間でチャート足を描画させてトレンド方向が一致するかどうか確認することが大事です。 FXインディケータ:SPICA
トレーダーの労働をうまく時間配分することは、ワークライフバランスだけでなく将来の飛躍的な成長を考える上でも大事なことであると言えます。専業トレーダーの方は、よく時間があるから・・・という話をしますが、時間があるからといって資源を無駄に使っている習慣があると徐々に首が締まってきます。システムトレーダーは特に注文執行に時間節約ができる分、暇を持て余す感覚になりますが、そこはシステムトレーダーの罠だと思ってもいいくらいで、有効な時間の使い方を考えましょう。 注文執行に時間節約ができた分は以下の方法を取ることができます。 ・マーケットをリアルタイムで観察し、今後のストラテジー発案に活かす。 ・マーケットを見ずにデータとにらめっこしながらストラテジー開発をする。 ・人と会う、もしくはミーティングを行う。 ・ワークフローの見直しなどの思考の時間とする。 ・情報収集、...

未来年表

生活総研の未来年表というものがあります。これまでメディアで発表された推測事項をデータベースにまとめたものというところでしょうか。信ぴょう性がありそうなものもそうでないものもあるというところで、当然未来のことはわからないですが何となく予想できるものもあるという感覚です。 自分が何歳の時、何が起こりえるのか。そのとき、何をすべきか、どのような立ち振舞かという目安になるかと思います。目先のことのみ考えているようでは結局損をします。トレーディングも同じで、目先の利益を追うだけでなく長期で利益が上げられるよう考えましょう。
トレーダーの戦場はマーケットです。金融市場は数十年かかって整備されてきており、反則行為(インサイダー等)は厳しく制限されてきています。戦場にもお作法というものがあるように、マーケットにもお作法があり、真のトレーダーはその掟を破ってはいけません。ロスカットルールなどの自主的な規律の話ではなく、マーケットの秩序を守るといった次元の話で、法律に触れるような行いです。 一方で、正攻法で戦うことは大事だと思いますが、巷にあふれているような手法、例えば移動平均線等のテクニカル分析だけではまず勝てません。普通のことをやっていては勝てない。だからこそ、工夫が必要となってくるのです。心の貧しい人は、この勝てないという事実から逃げるべく耳寄り情報に走ったり、いわゆる掟に触れるようなところに足を突っ込みますが、その末路は当然悲惨なもので、むしろそのような輩と対決すべく技術を磨きましょう。 ルールを守...
steemitというSNSサイトに投稿したものを紹介します。 ブロックチェーン技術を利用したブログサイトで、コメント及びいいね!をするとSteemという仮想通貨が貯まります。皆さんにとって有用で質の高い投稿であればあるほどSteemが貯まるという仕組みです。現在、$0.02の報酬があることは大変うれしく思っています。これを機に投稿された方がいらっしゃいましたら更にうれしいです。是非、ご連絡下さい。 ビジネスの本質と「三方よしダイレクトモデル」 ■ビジネスとは、問題と解決スキルを結びつけること ビジネスとは要するにできることとできないことの接点をつなげることであり、お互いがWin-winになることです。問題点が深い場合においてその解決方法がニーズに合ったもの(それ以上のもの)であれば、その対価であるマネーは高くなります。通常、問題解決のできるスキルのほうにお金は流れま...
当ブログについてタイトルを少し変えました。「イニシアチブ 未来思考のシステムトレーダー」です。以下のコラムを参考にしました。 「未来思考」について 未来を決めてバックキャスティングで考えることが大事だと考えました。バックキャスティングであれば、準備するべきことが明確になりますし、時間効率も格段に向上します。 システムトレーダーは既存の金融市場で戦うことも大事ですが、まだ見ぬ未来の市場で戦うために刃を研ぐことも重要だと思っています。だからこそ、ブロックチェーンや新技術の話題をふんだんに取り入れていこうとしております。今後ともよろしくお願いします。 こちらでも少しだけ言及しています。 未来に通用するシステムトレーダー ブロックチェーンとICO ※盛り上げていきたいと思っていますので、よろしければお気軽にコメント下さい!