ホーム タグ

タグ: 運

確実に負ける方法

マーケットには確実に負ける方法というのが存在します。 絶対に儲かる方法というのはありえませんし、国内法律においても「絶対に儲かる」という前提での勧誘は禁止です。絶対儲かると言ってセールスしている時点で金融オンチだとみなして結構です。私達は、読者の方々も含めてフリーランチはないという前提があることを知識として持っており、当ブログの読者は、それくらい金融リテラシーが高いと見ています。そうでないと、こんなクドいブログを読まないですからね! まあ、絶対儲かるだろうというタイミングは当然ありますし、確信あるストラテジーで運用しているのは承知しています。儲けられないと考えているのは、学者、評論家、理論家で、トレーダーはまた別人種です。 話は脱線しましたが、確実に負ける方法は以下の2パターンです。 ・頻繁に取引をする。 ・マーケットに反応的になる。 このパターンの組み...

ブログに貼られる広告(ア...

他のブログを参考にすることはよくありますが、正直なところブログに貼られる広告(アフィリエイト)が邪魔です。 せっかくいい情報を発信してもアフィリエイトのせいで見た目が少しお下品になりますし、あまりに量が多すぎると、ああこっちが本心なのかなと感じてしまいます。そもそもがベタベタ貼られているサイトに有益な情報は一部を除いてほとんどないと言ってもいいかもしれません。 とは言っても、完全否定するものではありません。ブログ運営にはランニング費用がかかりますし、ブログ更新の労力としての人件費、そして有益な情報を発信する以上は+αの対価を得てもいいのではないかというのも自然な発想です。中には、完全にニーズにマッチした広告もありますし、広告すべてが悪いというわけではありません。やり過ぎはよくないということですね。 当ブログもどのような広告(アフィリエイト)がよいのかと思案しています。今日...

トレーディングシステムを...

ヘッジファンドが採用する運用戦略には様々なものがありますが、そのうちの幾つかはいわゆる金融モデルも含めた広義の意味での「トレーディングシステム」を用いて運用を行っています。そのシステム主体の代表的な投資戦略はマネージド・フューチャーズとして分類され、CTAs (ヘッジファンド:Commodity Trading Advisers)が主に投資先を先物に絞り、投資事業の戦略展開を試みています。その他、株式を用いた手法やグローバル・マクロ型のヘッジファンドの一部でも「トレーディングシステム」を使い運用収益を上げているところもあります。 では、ヘッジファンドが具体的に求めている収益の源泉は何なのでしょうか? ヘッジファンドは常に市場の非効率性に目を向けています。非効率性には一時的なものと継続的なものがありますが、ヘッジファンドが追い求めているのはこのうちの継続的な市場非効率性です。一時...

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 新年はトレーダーにとって特別な区切りでもあります。トレーディングの長期目標や運用ポートフォリオの見直し、特に個人にとっては課税申告の区切りという意味合いもあります。 課税申告の区切りということで、やはり強調しておきたいことはなるべく運用益を年またぎで残しておきたいところ。運用損は昨年内に確定しておきたいところであります。 塩漬けが一般の人の考えであれば、上記の節税マインドは一種のプライオリティがあるといえそうです。 挨拶&ちょっとしたアドバイスとなってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。

トレーダーと学習能力

トレーディングの勝敗は学歴とほとんど無関係です。文章の読み書きができることと、トレーディングを追及する姿勢があり、そしてうまく波に乗れること。これだけでいいと私は思っています。要するに商売センスがあるかどうかというところが問われています。 学習能力は必須です。お医者さんや弁護士がマーケットに参入し敗退するという話はよくありますが、これは自分自身の知識に慢心していることが原因です。一方で元々の素地は確かにあるわけですから、マーケットから学び、様々なことを吸収していった元お医者さんや弁護士のトレーダーは驚異的なパフォーマンスを見せています。 勉強が得意でなく嗅覚だけで生きているというギャンブラータイプも大成しません。やはり前提となる知識吸収力とマーケットから学ぶという謙虚な姿勢があって初めて利益が残っていきます。運だけで生きていける世界でもないのです。 マーケットにおいて生き...

システムトレードのクラウ...

シストレクラウド スマホでアクセスできる24時間運用のシステムトレードアプリ(MT4)の運用サービスです。ライブ環境はもちろん、デモ環境も可能です。 直接申し込みも可能ですが、モニター期間の枠を少数だけ頂いておりますので、その際は別途ご連絡下さい。 私自身、自前で別のところにPCを設置してのいわゆるクラウド管理を行っていますが、電気代や夏のエアコン等で結構苦労しています。このようなニーズがあるものかどうか個人的に知りたいですし、気になるところはお気軽にコメントも頂ければと思っております。

デイトレーダーとシステム...

スマホで簡単にトレードができる今、あえてデスクトップ型のディーリングルームを作る必要があるのかというところですが、本気でトレードに取り組む姿勢があるのであれば絶対に必要です。システムトレーダーの理想は3台のPC+ファイルサーバ用PCの計4台で、用途に応じてきっちりと区分けして使うのがよいでしょう。デイトレーダーとシステムトレーダーという分け方でもパソコンの配置が異なると私は思っています。 デイトレーダー(基幹PCが1台と補完用PC1~2台) 基幹PCにはチャートをなるべく多く表示ができるよう複数モニターが必須です。最低4画面~8画面までくらいで、強者(つわもの)で16画面というのを目の当たりにしたことがあります。補完用PCについて、ノートPCが便利なのは持ち運びが可能なところです。出先で基幹PCにリモートアクセスできますし、バッテリーも含めほとんどすべての機能がオールインワンで...

12の法則 –...

12の法則、というのを独自で考えてみました。12才程度の年上、年下というのは価値観が少し違いますがその価値観が理解できお互いを尊重できる。いわば、仕事をする上でうまくいく組み合わせでないかと思っています。 ITスキルで言えばマイクロソフトオフィス世代が30歳後半だとして、上はワープロ・ロータス世代(かな?)で下は多分スマホアプリ世代。理解できる共通部分があり、考え方の違いによる新しい発見もあります。ITスキルだけでなく仕事に対するスタンス、商慣習、ポリシーの違いもうまく埋められます。 ちなみに二段階上では理解できないところが多くなります。二段階差というのは大体親子の年齢差ですね。人生相談はもちろん可能ですが、現場レベルで仕事をこなす上では苦しい部分が出てきます。 今回、トレーディングと全く関連しないような内容ですが、逆に言うとチーム運用を考える際の参考になるのではないかと思っ...

ビットコインでのゲーム

ビットコインで取引をしています。もっと頻繁にするべきですが、なかなか時間を割くのは難しいものです。トレーダーとしてこのようなことを言うのはおかしいかもしれませんが、儲かるだけでのモチベーション維持がなかなかできないんですね。ただ、ビットコインにトライすることでもっと大きなマーケットでの「トレーダーとしての在り方」がわかりますので試してみる価値は十分にあります。 1、ルールを知る。 マーケット内での決まり事やルールをきっちりと理解しておくべきです。マーケットには色々なルールがあり、そしてそれを本当にきっちりと知っている人は案外少ないです。取引経験が豊富であれば自分は詳しいんだと思っている人もいるでしょう。でも、そんなことはありません。数年取引して、ある程度勝てるようになっても、改めて取引規則を見直せば新たな発見をすることが多いです。ルールを知っていることがすなわち損失を未然に防ぐ...

システムトレーダーと一攫...

一攫千金という言葉が何を意味するのか、明確に定義したいと思います。システムトレードの特性上、ヤマが当たったことで大勝ちして資産が倍になるということはありえません。「あの相場があったからこそ今がある。」といった相場師列伝のような話もないと考えて結構です。そのような行動を取るということは、既定のルールを破った結果となりますので、いわゆるシステムトレーダーの枠から外れることになります。大儲けはもちろんよいことで、タイミングを見て大勝負して勝つことはよいことだと思います。しかし、そんなことは通常ないと考えることがリスク管理を徹底する上でも重要なことです。もちろん、今後その勘が冴えわたりこのタイミングしかないと思える時がくるかもしれません。その時は、その時。期待を抑え粛々と行動するのがシステムトレーダーの日常です。 ギャンブル的な一攫千金はありえません。しかし、システムトレーダーにとっての一攫...